アートだけしたい人、お断りします。 アートだけしたい人、お断りします。

もしかしたら、こんな社名だから勘違いさせてしまっているのかもしれません。アートという名前は入っていますが、BtoB向け展示会を中心に、空間プロデュースやコンテンツ制作を行っています。 もしかしたら、こんな社名だから勘違いさせてしまっているのかもしれません。アートという名前は入っていますが、BtoB向け展示会を中心に、空間プロデュースやコンテンツ制作を行っています。

ミッションは、デザインという課題解決の手段を通じて世の中を進化させること。決して、簡単な仕事ではありません。 ミッションは、デザインという課題解決の手段を通じて世の中を進化させること。決して、簡単な仕事ではありません。

空間プロデュースで重要なのは何よりもお客様とのコミュニケーションだ。コンテンツ制作に必要なのは、独りよがりにならない客観性だ。そうしてはじめて、課題解決の力をもったデザインが出来上がる。 空間プロデュースで重要なのは何よりもお客様とのコミュニケーションだ。コンテンツ制作に必要なのは、独りよがりにならない客観性だ。そうしてはじめて、課題解決の力をもったデザインが出来上がる。

だから、厳しいことを言うようですが、アートだけしたい人、お断りします。 だから、厳しいことを言うようですが、アートだけしたい人、お断りします。

Job/希望職種 Job/希望職種

アートフリークは、チームでできている。 アートフリークは、チームでできている。

アートフリークの仕事は、決してひとりでは完成しない。お客様の課題を引き出し、「ここまでしてくれるのか」と驚かれるほどの提案を生み出す営業。期待を大きく超えるようなデザインを創造するスペースデザイナー。そのほかにも、限られた空間を最大限活用する演出を考案するプランナーや、お客様の魅力を伝えるためのツールをつくるグラフィックデザイナーなど、様々なメンバーによって、アートフリークはできています。一人ひとりのミッションが違うからこそ、一人だけでは仕事は完成しない。プロジェクト単位のチームがあり、お客様単位のチームがあり、そして、アートフリークという大きなチームがある。アートフリークというチームでお客様に向き合うからこそ、他にはできない提案を生み出せます。

Projects/プロジェクト紹介 Projects/プロジェクト紹介

デザインの裏側にはドラマがある。 デザインの裏側にはドラマがある。

あなたはきっと知らない。
通りがかる人を思わず立ち止まらせる
ブースが出来上がるまで、
多くの人がかかわっていることを。
なんの違和感もなく、心地よさにさえ気がつかない
空間が生み出されるまで、
数々の壁や困難があることを。

あなたはきっと知らない。
ときには華やかさよりも、泥臭さが
よい提案を生むことを。
一つのデザインを作り上げるために、
何か月にもわたって
膝を突き合わせる
プロジェクトメンバーがいることを。

デザインの裏側には、携わる人間にしか
体験できないドラマがある。
この仕事の醍醐味は、そこにあるといっても
過言ではありません。
3つのプロジェクトストーリーを通じて、
そのやりがいを少しでも感じてもらえれば
うれしく思います。

Recruit/採用情報 Recruit/採用情報

[募集職種]
①営業職   
②空間デザイナー職   
③グラフィックデザイナー職
※各2名程度(予定)
[待遇・勤務]
給与
2017年4月初任給実績
月給20万円
諸手当
通勤交通費手当(上限50,000円/月)
子ども手当(子供ひとりあたり5,000円/月)
ひとり親手当(5,000円/月)
奨学金補助制度(8,000円/月※支給期間3年間)
近距離住宅手当(最大50,000円/月)
昇給
年1回
賞与
年2回(6月/12月)
勤務地
東京
勤務時間
09:00~18:00
休日・休暇
年間120日間以上(週休2日制 土曜、日曜、祝日)
有給休暇(初年度10日~最大20日/年間)
慶弔休暇 結婚/忌引(最大3日)
夏期休暇・冬季休暇(有給休暇から使用)
休日出勤は原則振替休日にて消化
福利厚生
雇用・労災・厚生年金・健康保険(東京広告業健康保険組合)
※所属保険組合による保養施設の利用が可能
社内整体室(週1回)
産休・育児休暇(実績あり)
時短勤務(実績あり)
教育研修制度
新入社員研修、各種スキルアップ研修
[選考について]
選考はすべてマイナビより行います。
以下のリンクより、選考ページへお進みください。

マイナビ2019/Entry エントリーシートのダウンロードはこちら

提案から納品まで、お客様のいちばん近くに寄り添う存在が営業職。お客様の考えや想いを聞くだけではなく、お客様自身も気づいていなかった潜在的な課題にまで深く踏み込み、引き出すことでこれまでにないソリューションを生み出すことができます。
課題解決の方法に、絶対の正解はありません。あなた自身の経験とキャラクターを活かし、お客様との信頼関係を築いていくことで、はじめてお客様をうならせる提案が生み出せるのです。
お客様にとって、営業職がアートフリークという企業そのもの。
さあ、あなたならどんな顔をつくることができますか。

もともとお付き合いのある企業様からご連絡をいただくこともあれば、大型のイベントに出向いて直接企業様にお声がけすることもあります。ブースを数十社分見ていくことで、お客様の課題や要望が見えてくるようになってきます。

お客様から信頼を得るためには、提案内容だけではなくそのプロセスも重要です。密にコミュニケーションが取れているか、要望をしっかりと引き出せているか。それをコンペにしっかりと反映させられているか。アートフリークという会社を信頼してもらい、あなただからお願いしたいと思ってもらえるか。ここが営業職の腕の見せ所です。

提案内容に納得してもらえれば、実際にブースづくりに向けて動き出します。お客様とはもちろん、社内のデザイナーとも打ち合わせを重ね、ブースを形作っていきます。お客様にいちばん近い存在だからこそ、本来の目的を見据えて完成までの道筋を描いていく必要があります。

ブースデザインが決まると、イベント会場での施工にも立ち会います。実際のブースを見ることで来場者の動線や、運営のヒントを得ることができるためです。もちろんブースをつくることがゴールではなく、来場者をいかに惹きつけられるかが重要です。そのため、納品こそがスタートでもあり、時にはイベント会期中に運営のサポートをすることもあります。

課題や要望という見えないものを解決するために、デザインという目に見える形で解決策を生み出すのがデザイナー職。そのデザインは、お客様の要望を叶えられるものになっているか。期待を大きく上回る驚きが生まれるのか。プロジェクト開始から納品まで、担当デザイナーがつくことで、デザインに深みと鋭さを増していく。
そうしてはじめて、自由度の高いデザインが生み出せる。
だからこそ、言い訳はできません。年間30案件ほどのデザインに携われる環境は、限られた時間の中でどれだけ期待を超えるものが生み出せるかという時間との勝負です。このスピード感は、あなたの成長もきっと加速させるはず。そして、スペースデザイナーがつくったブースは、イベントの結果に大きく左右する。グラフィックデザイナーがつくったコンテンツは、企業の売上さえも伸ばしていく。
まさに、デザイナーはお客様の事業繁栄のカギを握る、アートフリークの心臓なのです。

新しい案件が動き出すと、営業職とともに提案内容を考えます。空間デザイナーの仕事はまず、お客様のことを知ることから。どんな事業を展開しているのか、同業他社との差別化できるポイントはどこなのか。打ち出したい商品サービスの強みは何か。デザイン制作の前に大きく時間を割いて、準備をおこないます。

営業職と打ち合わせをおこない、お客様のことを理解してからデザイン制作を開始します。担当デザイナーとして、自由なアイデアと柔軟な発想であなただけのデザインを生み出してください。ライバル企業のブースデザインとも比較しつつ、お客様にしか出せない強みを訴求した、インパクトのあるデザインはどのようなものなのか。そこを突き詰めながら制作を進めていきます。

デザインが決定すると、実際のブース制作に向けて動き出します。図面の制作はもちろん、デザイナーにしかわからない専門性の高い部品の発注もおこないます。そして、進捗状況の確認や、営業職との打ち合わせなどを重ねながらブースを完成させていきます。

部材や什器が整うと、現場で施工を開始します。アートフリークのスペースデザイナーは、プロジェクトの最初から最後まで携われることも大きな特徴。そのため、様々な経験を積むことができ、それらすべてがデザインスキル向上の糧となります。各シーンでの経験やフィードバックがあなたのデザイン力を強くします。

グラフィックデザイナーのミッションは、お客様の幅を広げること。ブースで培ったお客様との信頼関係をもとに、更に多様なクリエイティブツールの提案を、営業職とともにおこないます。ブースデザインではなくグラフィックデザインだからこそ出来ることを探求し、かたちにしていきます。

今お客様に必要な方向性は何か、伝えるべき言葉はどれか。丁寧に紐解き必要な内容を組み立てます。これは、お客様を理解しているからできること。BtoBならではの独特な環境を考慮しつつ、表現方法や言葉の使い方などの様々な制約をクリアしながら、他社との差別化を図るポイントをコンセプト化。これらをカタログや映像などの媒体で効果的に表現できるようなコンテンツに仕上げます。

デザインに着手します。コンテンツ制作同様、デザインの表現においても、BtoBならではの独特さがあります。
その制約の中でいかに自由なデザインを作り上げられるかがグラフィックデザイナーの腕の発揮どころです。

一般的なデザイナーは納品がゴールですが、アートフリークのデザイナーは納品がスタートです。お客様との距離が近く、納品後のフィードバックをいただけるので、納品時には喜びの声も、時には課題感の声も、しっかりとあなたの耳に届きます。その声が、次の成果物のクオリティを高める糧となるのです。

答えがあったらつまらない。
だからアートフリークがいる。

答えがあったらつまらない。
だからアートフリークがいる。

西 修平 コンテンツデザイン部課長 2003年入社
小塩 俊介 プランニング室課長 2007年入社
木村 優樹 第3営業部課長 2012年入社
最初の仕事は、
オリエンシートを音読すること。
何度も、何度も。

医療業界の中でも、最大規模の企業からコンペの依頼があったのは2013年。競合企業がひしめく中、お客様から期待されたのは新しい風を吹かせること。全く取引がないことは、自由な提案ができるということでもあった。しかし、お客様が展開する事業は医療業界の中でも特に難しい領域。提案を考える前に、専門知識を身につけ製品理解するまでにも複数のステップを踏む必要があった。
プロジェクトメンバーで毎週集まり、企業のことだけではなく、業界や製品に至るまで徹底的に学んでいった。その中でも最も時間をかけたのは、お客様からの要望や課題が記載されたオリエンシートを読み込むことだ。提案までの非常に限られた時間の中で何度も音読し、一人ひとりの認識や理解度をすり合わせ、チームとして提案の方向性を固めていった。

ネクタイとシャツの色を、
お客様のロゴに合わせる。
本気を伝える方法は無限にある。

アートフリーク渾身の企画が出来上がった。スペースデザイナーが数週間も考え抜いたデザイン。プランナーの小塩がお客様の要望を踏まえ生み出した演出やプラン。プロジェクトメンバーの中で最年少だった木村にのしかかったのは、その魅力を最大限伝えなければいけないというプレッシャーだった。デザインも描けず、プランも立てられない自分に何ができるだろうか。たどり着いたのは、アートフリークという会社の本気を伝えること。だからこそ、ネクタイもシャツもお客様のロゴカラーに合わせたものを選んだのだ。
「今日ここにいるのは、社内で一番いいメンバーです。最高のデザイナーと、最高のプランナーを連れてきました。営業の私にできるのは、その本気を伝えることだけです。そのため、今回の提案にご納得いただけなければ、今後は無理にお声がけいただかなくて結構です。それだけ力を入れた提案をお持ちしました」。

パートナーとして
認めてもらえるのは、
2度目の取引から。

これまで取引のあった企業ではなく、アートフリークに決めたのは、お客様にとっても大きな挑戦といえる。だからこそリピートしてもらえるかどうかが、パートナー企業としての分かれ目になるのだ。ブースデザインは提案が認められればゴールではない。コミュニケーションの丁寧さ、打ち合わせの頻度、要望の理解度、予算内のなかで最大限の効果を見込めるブースを作る体力・気力があるのか。営業やデザイナー、プランナー全員がお客様のことを考え続けるからこそ、高いリピート率を維持できる。もちろん、提案内容自体も前回を超えるものを期待されていく必要がある。そのためアートディレクターの西が、グラフィックや製品プロデュースも絡めた深い提案を考え抜く。提案や納品は一回一回が真剣勝負なのだ。そうしてこのお客様には、2014年から現在まで毎年アートフリークを選んでいただいている。

入社3年目の
ペアが勝ち取ったのは、
トップクラスの大型案件。

入社3年目のペアが
勝ち取ったのは、
トップクラスの大型案件。

荒尾 尚樹 第3営業部 2015年入社
近藤 正和 スペースデザイン部 デザイナー 2015年入社
ブース業界を知らない営業
      ×
ブース業界を
志望していないデザイナー

短期間に次々と新しいものを生み出すブース制作には、スピード感が求められる。しかし、アートフリークの営業はデザインを専門的に学んできた者が少なく、お客様とデザインの話になっても社内に持ち帰らざるを得なかった。営業担当がデザインに明るければ、提案スピードも質も向上する。ブース業界のことさえ知らなった荒尾が営業の仕事を志望したのは、大学時代に学んだデザイン知識を活かして市場価値の高い存在になれると感じたからだ。またアートフリークには、営業だけでなくデザイナーの成長機会も豊富にある。近藤も、自分と同年代の社員がいくつも作品を発表し、プロジェクトを任されている様子を見てブース業界に飛び込んだ。それほど興味がなかった業界にも関わらず、早くから活躍できる環境と面白い仕事にチャレンジできる機会があることを大きな魅力に感じたのだ。

6年連続受注の
ライバル企業を超える提案を
生み出せるか。

2人がペアを組んで3年目、ある展示会の出展を予定している医療メーカーから声がかかった。有名企業ばかりの大型イベントでも目立つよう、500平米を使った特大サイズのブースを提案してほしい、と。「これまでにない新しいブースをお願いします。6年間取引をしている会社の提案を超えるようなものを期待しています」それがお客様からのオーダーだった。出来上がったコンセプトは「つなぐ」。患者様と先生、製品と患者様、そしてブースと来場者。それぞれをつなげるために、製品担当者様とナレーターとの掛け合いを活用して、ブースそのものを情報発信の場にする企画を提案した。膨大なスペースを隅々まで活用できるよう、製品の配置や導線まで細かく考え抜いた提案はクライアントに深く刺さった。受注金額は社内トップクラスの金額となった。

同期とは、
最も厳しいクライアントであり
最も頼もしいパートナーでもある。

決して、この2名が当初から順風満帆だったわけではない。1年目でペアを組んだときは全く結果を残すことができなかった。しかし、そのとき互いに交わした「会社がまだ生み出していないものを生み出せる存在になろう」という約束が今でも原動力になっている。だからこそ、荒尾は今回の案件も迷わずプロジェクトメンバーに近藤を指名した。忌憚ない意見交換ができる同期という存在は、ときにお客様よりも厳しいクライアントになりうる。それと同時に、お互いのことをわかりあった信頼のおけるパートナーでもあるのだ。その結果、大きな取引実績がほとんどないにも関わらず、大型案件の受注に至った。異なる職種であっても、互いを尊敬しあいプロフェッショナルと認めあうことで提案のクオリティを何倍にも高めることができる。アートフリークで働く社員には、この考えが根付いている。入社3年目の若手ペアが勝ち取ったものは、大型案件以上に強い信頼関係なのかもしれない。

チームワークに年次は関係ない。
入社1年目で描いたイラストが、
大手企業を納得させた。

チームワークに年次は関係ない。
入社1年目で描いたイラストが、
大手企業を納得させた。

勝山 大輔 第1営業部 2012年入社
緒方 成美 スペースデザイン部 アシスタントデザイナー 2017年入社
ビジネスパーソンと小学生。
1つのブースで同時に
振り向かせられるか。

きわめて難易度の高い依頼だった。ガスコンロやガス製品の開発・製造をおこなう大手企業が出展するのはエコプロダクツに関する展示会。ビジネスパーソンはもちろん、小中学生が社会科見学でも訪れるようなイベントだった。そのため、それぞれのターゲットに対してメッセージを訴求し、目的を果たすブースが求められる。ビジネスパーソンには製品導入のきっかけとして、小中学生には企業への興味喚起として。ターゲットが異なればメッセージも異なる。企画だけではなく伝え方から考える必要のある複雑な案件だった。注力するために、年次も職種も様々なメンバーによるプロジェクトチームが発足した。

1枚のイラストが、
企画に新しい風を呼び込んだ。

2軸のターゲットにメッセージを訴求するため、五感を使った体験ブースを提案することが決定した。しかし、肝心なコンテンツの中身が決まらない。そこで営業、デザイナー、プランナーが集まり、各々で持ち寄ったアイデアをぶつけあい何度も打ち合わせを重ねることになった。緒方はその際、デザイナーとしての強みを活かしてアイデアを説明するためのイラストを描いてきた。
勝山はそのイラストからヒントを得た。異なるターゲットに向けた、五感を活用する複雑な企画と提案もイラストを用いて説明すれば、お客様にもわかりやすく伝えられるのではないか、と。緒方のイラストに求められたのは、お客様の納得度を高めることだった。入社1年目の社員であっても、良いアイデアは積極的に採用する。1枚のイラストが、新しい風を呼び込んだのだ。

若手が活躍できる環境を
つくるのも、先輩社員の仕事だ。

このように、若手が様々な案件に携われるのは、これまでお客様と築いてきた信頼関係があるからこそだ。このお客様も取引開始から4年目を迎えており、今ではコンペを開催せずに発注をいただいている。長くお付き合いのあるお客様だからこそ、マンネリ化させず、チームで高い相乗効果を生み出したい。
一つ一つの企画や提案を、最大限の形でアウトプットするためには年次や職種は関係ない。アートフリークにはそんな考えを持っている社員が多い。一人ひとりがお客様と真摯に向き合い、チームで動くことでより高いクオリティのものを生み出せると信じているため、若手社員にもチャレンジできる環境が整っている。アートフリークという会社の強みを最大限に発揮したブースは、ビジネスパーソン・小中学生併せて約1万人の集客に成功した。

スペースデザイナーが27期に描いたデザインの数は711件。採用された514件以外にも、1件1件すべてにデザイナーの想いが込められています。これはアートフリークの喜びと悔しさが滲む数字なのです。

継続するお客様のプロモーションに伴走するかたちで仕事をすることで、お付き合いを重ねるごとにお客様のことを深く理解できるようになります。そのため一度の納品をゴールにせず、長期のお付き合いを目指してWIN-WINの関係を築いていきます。もちろん、既存顧客の層を広げるための新規顧客開拓も大切です。

営業部32人、クリエイティブ部門35人(スペースデザイナー、グラフィックデザイナー、プランナー)、制作部16人、管理部門7人、役員5人です。それぞれのプロフェッショナルが切磋琢磨しながらよりよいものをつくり上げています。

(役員含む※2017年7月現在)

アートフリーク27期の売上です。社員一人当たりに換算すると、約2300万円もの売り上げをつくっていることになります。大手企業や大型案件にチャレンジしているからこそ、一人当たりの売り上げも高くなります。
23期だけ頭が下がっています。この前年度、実力以上の仕事を受け、社内が疲弊しました。この反省を経て、23期は実力を磨くことに専念した結果、売上は思うように伸びませんでした。ですがその努力の期間があったおかげで、24期からはV時回復を果たしました。

オフィスは都心の八丁堀駅からの駅歩1分!最近はチェーンではないオリジナルのお店が増えてきました。ランチも充実しています。糖分をチャージできるバナナジュース専門店、ほっと息をつけるコーヒースタンドなどなど、おススメのお店がたくさんあるのでぜひ社員に尋ねてください!

年間取引社数は、なんと363社にのぼります。取引先の業種分野は、製造・IT・医療、、と多岐に渡ります。みなさんの日常生活では中々親しみのないBtoB企業の世界ですが、様々な分野の最新テクノロジーに触れるチャンスでもあります。見る角度が変わり、新しい世界が見えてくるかも?

実は、案件の半分はコンペを実施しない(ノーコンペ)方法で受注しています。この業界ではコンペが実施されるのが一般的ですが、密度を深めてお客様のプロモーションパートナーとして評価された時、コンペをせずに受注することができます。ノーコンペの比率は、お客様からの信頼の証でもあるのです。

月曜日〜金曜日まで5日連続して休暇をとれる「チャージ休暇制度」があり、前後に土日を合わせ、9連休になります。仕事の充実はプライベートの充実があってこそ。長く健康的に仕事をするためには余暇の過ごし方のスキルも大切ですから。

※取得条件は仕事と休みを両立できる4年目からとなります。

意外と若い?それともベテランが多い?アートフリークの平均年齢は35歳。上は61歳、下は23歳まで、それぞれ個性的な社員が活躍しています。

出産を経て、時短勤務となっても活躍するママさん社員が5名います。営業部で3人、スペースデザイン部で1人、管理部で1人。みなさんかっこいいママです。ちなみに既婚率は6割強です。

本社オフィスは1フロアです。営業とデザイナーが同じフロアにいること、これがこだわりです。営業とデザイナーという職種の垣根を超えた連携がよい提案を生みます。

社内サークルの数です。
テニス部、ボルタリング部、フットサル部、マラソン部、美術部。条件を満たせば誰でもつくることができますよ。

本年度より案件のサポートやアシスタントをすることでスキルの向上を目指す、ジュニア制度が生まれました。入社1年目の社員を一人前に育てるための教育制度です。
アートフリークの社員は、自分で考え、決断し、コミュニケーションする自由があります。自由な働き方は魅力ですが、様々な環境変化の渦中にある新人にとって「自由」は時に大きなプレッシャーとなります。
そのため、社会人としてのスキル(時間管理・コミュニケーション・礼儀など)を磨く「ジュニア」という期間を設定することにしました。一人前にするために、業務に特化したスキルに目が行きがちですが、総合的、長期的な視野での教育がこの期間の目的です。具体的な内容は、ぜひ質問にきてください!

働きやすい環境をつくることを目的として、発足した働き方委員会のメンバー数です。会社に様々な提言をおこないます。例えば今年は、業務時間外の18時以降の電話がつながらないようにすることを提案、採用されました。日々の業務で見失いがちな環境について棚卸しをおこなうユニークな機関です。

週に1回80分の英会話教室を実施しています。そのほか、ロジカルプランニング研修、プレゼン研修(2週に1回)がおこなわれています。新入社員向けには、ビジネス研修からはじまり、3ヶ月間の社員研修があります。もちろん既存社員向けの研修への参加も可能です。

27期に建てたブース件数です。期を重ねるごとに規模が大きい案件を任せられるようになり、求められるレベルも高くなってきます。責任の重さを感じつつも、前回よりもお客様を満足させるブースがつくれるかに情熱を注ぎます。

営業職一人当たりが担当する年間案件数は30件。プロジェクトの規模により、進行期間は数週間〜半年と様々です。繁忙期には、1ヶ月間で6案件以上を進行する強者もいます!

アートフリークには「近距離住宅手当」という制度があります。家から会社までの通勤時間に応じて支給される住宅手当で、支給金額が2段階あります。徒歩25分以内であれば50,000円、交通機関を使用して25分以内であれば30,000円(※条件は他にもあります)。詳細についてご質問がありましたらお問い合わせください。通勤時間の圧縮とストレス減で、1日の時間の使い方の効率を上げましょう!

「奨学金補助制度」があります。
補助金は月に8,000円、入社から3年間、あなたが社会人として一人前になり、仕事で成果を出して対価をもらえるようになるまでは、会社も奨学金返済のお手伝いをします。